「106万円の壁」は損得だけで判断できるのか

今年の10月から公的保険制度に
新しく加わる「106万円の壁」。

よく知られているのは、以下2つの壁だと思います。
「103万円の壁」…所得税がかかる
「130万円の壁」…配偶者の扶養から外れて、
社会保険料の負担義務が発生する

これらに加えて、今年の10月に厚生年金の加入基準が
・週20時間以上勤務している
・年収が106万円を超える
等といった条件が追加され、年収106万円だと
年間約16万円程度の社会保険料負担が発生して
手取りが減るため「106万円の壁」と言われているのです。

週刊ダイヤモンドの記事によれば
社会保険料負担ゼロの年収105万円と、
手取り年収が同じになるのは年収134万円のときで、

年収106万~133万円の間は【損する仕組み】になるといいます。
(前提:夫婦とも40歳以上で東京23区在住。
夫の年収800万円。妻の健康保険は協会けんぽ)

一方で、だからと言って目先の負担を避けるため、
働き方を制限するだけでなく

働くことでスキルを磨いたり、
老後の年金額を増やしたりという
長期視点で考えたメリットにも同記事では言及しています。
(参考:週刊ダイヤモンド 2016/4/30・5/7合併号)

パートタイマーの方などにとって
働き方を決める重要な判断基準になるこうした「壁」。

現役時代の家計負担を減らすか、老後のために今働くのか
価値観は様々ですが、老後の生活設計も含めて
ライフプランを改めて考える機会になることが推察されます。

公的保険マスターセミナー基礎編
https://siaa.or.jp/ltv/seminar/

先般よりご案内している本セミナーでは
ねんきん定期便の活用方法や、そこから導き出せる
保険提案の内容について学んでいただけます。

「壁」を前に働き方を変えるか検討されているお客様に、
壁を越えて働いた場合と、
働かない・日数や時間を制限した場合とで
将来もらえる年金額を比較し、提示できたらいかがでしょうか。

老後の保障を適切に把握することで
今必要な備えというのもより正確に算出することが出来ます。

すぐに使える実践的な内容、
と好評をいただいている本セミナー
是非ご参加ご検討下さい。

【タイトル】公的保険マスターセミナー基礎編
【内容】公的保険を身に付けて
顧客満足度の向上につなげてみませんか?
公的保険の知識を使ったアプローチ術が学べます!
【日程】東京5/20(金)、大阪5/25(水)
福岡5/27(金)、東京5/31(火)
大分6/8(水)、東京6/24(金)、大阪7/20(水)
【時間】10:00~17:00(受付開始9:30)
【受講料】21,600円(税込)
※事前お振込にてお願いしております。(銀行振込、クレジットカード決済)
【お申込はこちら】https://siaa.or.jp/ltv/seminar/

セミナーのお申込・お問合はお電話でも承っております。
→03-6234-6392までお気軽にご連絡下さい。
担当:佐藤、遠藤、平田

インズナビ事務局 平田

週刊ダイヤモンド保険特集

保険業法改正開始の5月29日まで
あとおよそ1ヵ月。

4月23日号の週刊ダイヤモンドには
保険を見直すなら最後のチャンス!と題して
保険特集が掲載されています。
http://dw.diamond.ne.jp/list/magazine?isd=2016-04-23

・保険営業の勧められるがままに契約していないか?
・必要以上の保険に入っていないか?
・なぜ見直す必要があるのか?

保険業界のそうした問題提起に触れた上で、
どの商品が良いのかをプロが勧める商品ランキングとして
商品名で比較して紹介されていたり

インターネットで申し込む無償の保険相談で
もらえる金券一覧(5000円~7000円)を
保険サイト名と共に掲載したうえで、

本来、許容される金額はせいぜい、
500~1000円で換金性、交換性が低いものが妥当
そんな見解を、同誌の見方として紹介しています。

その他にも生命保険会社のキャンペーンに触れる内容など、
読者(=消費者)に保険の裏側に注意せよ、といった
メッセージを喚起する内容の構成になっています。

もちろん、この内容が“業界の総意”として
正しいかというと話は別だと思いますが、
業法改正以降、当局がこれらの事例にどう判断を下すのか
状況が流動的であることは間違いありません。

いずれにせよ、今後生き残る代理店は、
お客様に対するあり方について真摯に向き合い、
独自の理念を持ち、組織として行動を伴う、

保険業法改正を好機と捉えて
臨むことができる代理店であることは確かと言えそうです。

インズナビ事務局
遠藤

顧客管理システムを導入する本質とは

保険業法改正がいよいよ目前に迫ってきました。
規定はどうするか、
募集活動の記録はどう残すか
そのチェックはどう行うか・・・

じわじわと見えてきた課題に対して、
経営者も現場の皆様も、
顧客管理体制含め、具体的な対応について
粛々と準備されている状況ではないでしょうか。

しかし、本当に目指すべきは
体制整備のその先です。

お客様の期待値に、どう応えられるか。
選ばれていくために、どう差別化していくのか。

いままで感覚や経験で培ってきた
最大のノウハウ「マーケティング(顧客の創造)」を
どのように仕組みにしていくのか。

たとえば、公的保険をきっかけにする
顧客の創造を行う際は、毎年誕生日月(1日生まれの方は前月)に
国民年金及び厚生年金に加入している全ての方に送付される
「ねんきん定期便」が有効です。

『ねんきん定期便をもとに
将来もらえる年金の計算ができる(方法を勉強した)のですが、
ご興味はございますか?』

この“ひと言”を誕生日月の方へお伝えすることを目的に、
アプローチリストの作成を一瞬で行うのが、
有効な顧客管理活用のひとつです。

特に、せっかく法律で顧客管理の観点で、
義務化されるポイントがあるからには、
その仕組みをマーケティングにも展開、活用することを差別化とし、
顧客の創造と永続的な支持につなげない手はない、ともいえます。

体制整備は当たり前として
その先の差別化にご興味があれば
ぜひ一度、お問合せを頂ければ幸いです。

<業法改正・体制整備対応 顧客管理システムCSB>
http://hoken-system.com/

インズナビ事務局
佐藤

熊本地震につきまして

この度の熊本・大分を中心とした九州エリアにおける
地震により被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

また、被災に伴うご対応されている皆様におかれましては
安否や被害の確認、迅速な事故の受付やご請求手続きのご案内など
しばらく続かれるものと拝察いたします。

M6クラスの直下型地震の後、
規模が上回る本震が起きたのは1885年の観測開始以来初めてで

今回の地震は前例がない地震として、
今後収束するのかが予測できない事態となっております。

高層ビルなどをゆっくり揺らす「長周期地震動」について、
気象庁は15日午前0時3分に起きた震度6強の余震で、
最も大きい「階級4」を熊本市で観測したと発表しました。

階級4は揺れの最大速度が毎秒100センチメートル以上。

揺れやすい周期が一致する高層ビル内などでは
「人が立っていられず、固定していない家具の大半が移動し、倒れるものもある」
としています。

2011年の東日本大震災や2004年の新潟県中越地震でも、
後日のデータ分析で階級4相当の長周期地震動が発生していたことが分かっており
大きな地震であったことを裏付けています。

損保ジャパン日本興亜の広報部によると、
16日午後3時までに地震保険をめぐって、
約5千件の被害の連絡が寄せられたといいます。

地震保険では、連絡を受けると調査員がまず現地を訪問し、被害状況を査定しますが、
調査員が来るまでに片付けや修復をしないと、
危険だったり防犯上の問題が出たりすることも多く、
そうした場合は片付けて問題ないものの、
撤去の前に「損傷状況を写真で撮っておかれると証拠になり、
スムーズに査定手続きが進みます」といいます。

写真のポイントとしては、
建物については、柱や屋根、外壁などの写真を、
部屋においては、各部屋毎、対角に四方から複数等で、
家財は、電化製品や家具などどの家財が損傷したかわかるように、
写真を残すと有効とのことです。
(参考:2016年4月17日朝日新聞デジタル記事)

地震の恐怖だけでなく、これからの生活の不安など
被災者の方々の傷心のほど察するには計り知れません。

被災地の皆様の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

インズナビ事務局 遠藤

マネープランニングに必要な数字とは?

総務省が発表した2015年の家計調査報告によれば、
2人以上の世帯の平均貯蓄は
過去最高の1805万円となったそうです。

ただ、平均値は過去最高ですが
中央値は1054万円となっており、
全体の3分の2は平均以下の貯蓄額で、
一部の富裕層が平均を押し上げているのが
実態であると報道がなされていました。

世帯主年齢が30代の場合は666万円(年収614万円の1.08倍)、
20代では255万円(年収480万円の約半分)と
世帯主年齢が低いほど、貯蓄額も低いことがわかります。

また、40代世帯の場合には貯蓄額は1024万円ですが、
住宅ローンを抱える人が多いため負債額が1068万円と、
全年齢の負債額平均499万円から
大きく乖離しています。

こうした、収入格差が広がる現状においては
一般的な平均値だけでは、マネープランニングを考える
参考には必ずしもならないと言えます。

そこで是非活用したいのがねんきん定期便。
ねんきん定期便からは、働き方や勤続年数、年齢に応じて異なる
年金保険料の納付額から、老齢年金や遺族年金の金額を
算出することが出来ます。

将来もらえる年金額が具体的にわかれば、
これから準備すべき貯蓄額や保障内容が逆算できて
よりベストな保険の提案につなげたり
お客様に対する説得力や納得感も増してきます。

公的保険マスターセミナー基礎編
【※公的保険を生産性に繋げられるのか!?無料動画配信中!】
https://www.ins-navi.net/hit/kouteki/index.html

大阪5/25(水)、福岡5/27(金)、東京5/31(火)

セミナーでは定期便の読み解き方とともに
具体的な提案方法や、既存のお客様へのアプローチ術などを
学んでいただけますので、是非ご参加ご検討下さい。

インズナビ事務局 平田

情報セキュリティに関する弊社方針(LTV)

いつも弊社のメールマガジンをご拝読頂き
誠にありがとうございます。

私たち、株式会社エルティヴィーは
『保険ビジネス成功支援』をミッションに掲げ、

日々のメールマガジンや
セミナーDVD等を通じての
保険業界に対する情報提供を始め、

保険代理店様に向けた
体制整備やマーケティングを支援する
システムや総合コンサルティングサービスの
ご提供をさせて頂いています。
http://hoken-system.com/

特に、5月の保険業法改正の背景も受け、
情報に関する取扱い体制、態勢について、
客観的に立証できるレベルが求められてくるものと
認識しています。

取得、運用(利用)、そして廃棄までのルールと、
それに対応する仕組み(PDCA)、
という観点では、まさに今保険業法改正で
保険代理店に求められているものと重なる点があり、

コンテンツやシステム提供を行う
サービス提供事業者としても、
客観的な評価基準を担保するために

第三者からの定期的な監査の実施や、
プライバシーマーク(Pマーク)の継続運用に加え、
昨年度末よりISMS
(情報セキュリティマネジメントシステム)基準に
則った運用も開始させて頂いています。
http://www.isms.jipdec.or.jp/index.html

保険ビジネスのソリューションを提供する事業者として
私たちのコンテンツをご活用頂いている
保険会社、保険代理店、募集人の皆様に
安心してご活用いただくための体制をこれからも
維持していく所存です。

今後ともよろしくお願いいたします。

インズナビ事務局
佐藤

業法改正、体制整備対応システムCSB
http://hoken-system.com/
豊かな暮らしサポート「L-club」
http://l-club.jp/
稼ぐ営業パーソン育成シリーズ「HIT(ヒット)」
http://ins-navi.net/hit/

御朱印(ごしゅいん)ブームご存知?

今、空前の御朱印ブームが到来しているそうです。
特に20~30代の女子に人気で、
御朱印帳を持って神社を巡っている女子は
『御朱印女子』『御朱印ガール』と呼ばれています。

御朱印とは、神社参拝の証で
御朱印帳に、御宝印という判子ととともに、
参拝日や参拝先の名前を合わせて
その場で書いていただきます。

1回300円程度。

日本橋のある神社では
5年前に御朱印を貰う人は1日に10人ほどだったのが
今では多い日には100人ほどとなっていて、

御朱印帳に記載する神社側の書き手が、
不足しがちになるという問題が出ているほど増えています。

御朱印は期間限定のものがあったり
カラフルな印で良縁や金運などを祈願してもらえたりと、
スタンプラリーのような気軽さや楽しさや、

墨色と朱色のコントラストが美しく、
寺や神社によって異なる個性的な
デザインがあるのでアートとしても人気があり、

また、神社に行って御朱印をもらうことで
安らぎを感じて癒されたり、

ここ10年でかわいい様々な
御朱印帳が発売されるようになり
ブームを後押ししています。

出雲大社前に今月、御朱印帳のセレクトショップができました。
出雲をテーマにした150種類以上の
ご朱印帳や御朱印袋を販売しており
まだまだ御朱印ブームは続きそうです。

インズナビ事務局 遠藤

必要な保障はどう見極める?

人生の最期を安心して迎えるために、
お墓や財産の相続などについて、
生前に整理しておく「終活」。

メディア等で耳にすることが増え
50~60代以降の方だと、
意識される方も多くなってきた様子です。

同時に、終活を意識するぐらいの年代で
高まってくるのが配偶者の死亡というリスク。
配偶者が亡くなると、遺族には遺族年金が支給されます。

会社員の夫が亡くなり、妻と子ども2人が残された場合
・遺族厚生年金
(夫がもらえる見込みだった年金額の4分の3)
・遺族基礎年金
(78万100円+子どもの人数で加算。末子が18歳になるまで)
・中高齢寡婦加算
(年間58万5,100円。妻が65歳になるまで)

妻や子どもの年齢などの要件はありますが
比較的手厚く遺族年金を受け取ることになります。

一方、自営業の夫が亡くなった場合、
厚生年金に加入していないため
上記のうち「遺族厚生年金」「中高齢寡婦加算」は
支給対象外になります。

このように家族構成や年齢、職業によって
公的保険のカバー範囲は様々で、
したがって必要な保障も様々に変わってきます。

先般よりご案内している公的保険マスターセミナー基礎編では
こうしたお客様毎に異なる公的保険の保障範囲を明確にして
よりリアリティあるコンサルティングにつなげる方法を
学んでいただけます。

保険業界向け 公的保険マスターセミナー基礎編
https://siaa.or.jp/ltv/seminar/

その重要ツールが『ねんきん定期便』。
将来の見込み年金額を読み解きや、
既契約のお客様へのアプローチフックにも活用できるのです。

───────────────────
<セミナー開催概要>
【内容】公的保険を身に付けて顧客満足度の向上につなげてみませんか?
公的保険の知識を使ったアプローチ術が学べます!
【日程】大阪5/13(金)、東京5/20(金)
大阪5/25(水)、福岡5/27(金)
※4/19(火)東京は満席のため締め切らせていただきました。
【時間】10:00~17:00(受付開始9:30)
【受講料】21,600円(税込)
※事前お振込にてお願いしております。(銀行振込、クレジットカード決済)
【お申込はこちら】https://siaa.or.jp/ltv/seminar/

セミナーのお申込・お問合はお電話でも承っております。
→03-6234-6392までお気軽にご連絡下さい。
担当:佐藤、遠藤、平田
───────────────────
保険販売の前提になる公的保険の知識
是非本セミナーで学んでみませんか?

ご参加ご検討いただければ幸いです。

インズナビ事務局 平田

ふるさと納税を使った被災地支援

4月14日に最初の地震が発生して以来、
現在も余震が続く熊本地震。
避難所や車中で不安を抱えながら
生活をされている方も大勢いらっしゃいます。

一刻も早く余震がおさまること、
被災された皆様のご無事を心よりお祈り申し上げます。

こうしたなか、全国から支援金や支援物資が集まり、
ふるさと納税を活用した支援の形も広がっています。

ふるさと納税は2014年の納税総額が
341億円にのぼる一大ブーム。

最近では、企業住民税や法人税を控除できる
企業版ふるさと納税の導入が決まったり、

一方で、商品券や家電のような換金・転売しやすいものや
高額すぎる御礼品は寄付の考えに反するため、
総務省が全国の自治体に自粛を呼びかけるなど
今年も引き続き注目トピックのようです。

ふるさと納税を活用した支援を実施している
自治体の一つが、茨城県境町。

境町は昨年の豪雨で被害を受け、
その際にふるさと納税で支援を受けた経験から
熊本への支援を実施することを決めたそうです。

申込は16日~18日の2日間だけで2,400件、
集まった寄付金額は5,200万円。

この事例以外にも、ふるさと納税のポータルサイトが
熊本の寄付専用サイトを設けていたりと
被災地支援の輪が急速に拡大しています。

<参考サイト>
・災害支援でチョイス(ふるさとチョイス)
http://www.furusato-tax.jp/alert_list.html
・平成28年熊本地震災害緊急支援募金(さとふる)
http://www.satofull.jp/static/oenkifu_kumamoto.php

全国からの支援が形となって被災された方々へ届くこと
そして一日でもはやく穏やかな日常を取り戻せることを
祈るばかりです。

インズナビ事務局 平田

相続対策でお役立てしてみませんか?

26年度の相続税の課税対象となった
被相続人数は約1万9千人で

相続税の課税割合は7.5%(100人亡くなると7人)となっております。
※国税庁 平成26年分の相続税の申告状況についてより

相続に関する顧客は少ないのでは?
とお思いの方は多いかもしれません。

しかしながら、
「相続対策というニーズは多く発生していて、
保険募集人として既存客をお持ちの方であれば、必ずいる」
と数々の相続案件を保険募集人の立場で成果につなげ、

お客様の喜びに変えてこられた相続のエキスパート、
ジョージ黒河氏は断言されます。

募集人だからこそ出来ることがあり、
相続争いにならないために、お役立てできるのが
ジョージ流の相続案件との向き合い方です。

先日、とある企業様にて
「ジョージ流 美しい相続セミナー」を開催させていただき
ご好評をいただきましたので、感想を共有させていただきます!

———————————

祭祀継承権、遺言執行者の選任、
この切り口は全く気づきませんでした。
相続税納税、生保非課税だけでなくアプローチできるように、
既契約に対しアプローチしてみます。

以前から、士業の方々と組んで相談会をしているので
相続相談としては多数受けているのですが、相続財産のある方は
あまりなく、保険に結び付きませんでしたが、相談者を待つのではなく
自分から探して動いて行こうと思いました。

現在、保険募集以外に不動産関係の仕事をしています。
相続税の単純な売却の話もありますが、事前対策としての
保険の活用を不動産会社に提供してゆけると思います。

亡くなってからは何もできない。早め早めにアプローチすることで
相続案件の具体的な解決策(提案)をしたいと思いました。

———————————

大切な家族がなくなる前に何ができるのか?
亡くなったあとの心配を少しでも減らすことが

募集人としてできることであることを
ジョージ流美しい相続のセミナーでは気付かされます。

既存客に対する新たなお役立てとして
チャレンジされてみてはいかがでしょうか?

先日のメールマガジンでもご紹介させていただきました、
1年前の夏、意を決して、
相続という切り口での顧客接点をはじめられた募集人の方が、
実際の成果として実績を上げておられます。

——
相続税がかかる対象は高所得者だという先入観が有ったけれど
現場を回ることで実感したのは、自分の子供たちや孫たちへ
金額の大小にかかわらずどうお金を引き継げるか。
そこに困っている方が、かなり多いことを実感。

受講前の自分の平均年収は400万~700万を行き来していたが、
現在は月1ペースで相続案件が進行し、
1件あたり1000万はいける状態で、年収のケタが変わった。
——

「成果が出なかったら全額返金」ということで
なんとか奥様を説得できたとおっしゃっておられました。

ジョージ黒河氏から直接学べるチャンス。
成果が出なかった場合には全額お返しします。

この機会に是非ご検討下さい。

<セミナー詳細>

【タイトル】ジョージ流美しい相続「相続伝習所」
【対象】募集人
【募集人数】限定5名(※残4名)
【会場】東京 13:00~20:00
【日時】1)4/22(金) 2)5/13(金)※2日でセットのセミナーです
【参加費用】378,000円(税込、懇親会費込)
【申込サイト】https://www.ins-navi.net/hit/201505_kurokawa/serious.html
【備考】お申込み締切は4/14(金)。結果が出なかったら全額返金いたします。
【お問合】このメールのご返信か、03-6234-6392(遠藤、佐藤まで)

—セミナーの流れ–
★1日目 4/22(金)
案件の発掘から、実際の訪問まで、
成果につながるポイントを講師がじっくりレクチャー
設計書から各種提案まで、すべてその案件にあわせて一緒に作成します。

実際に案件にあたっていただきます。

★2日目5/13(金)
 参加者様それぞれの結果を共有し課題を見出します。
——–

ジョージ流美しい相続「相続伝習所」セミナー(申込み締切:4/14まで)
https://www.ins-navi.net/hit/201505_kurokawa/serious.html

ジョージ流美しい相続 DVDはこちらから
http://store.shopping.yahoo.co.jp/insnavi-hit/hit000000025h.html

インズナビ事務局 遠藤