新シリーズ始動!生保からの損保攻略セミナー

損保のクロスセルが出来るようになりたい
法人マーケットに挑戦したい
けれど損保は難しそう、切り口が分からない・・・。

でも本来は生保も損保も
リスクマネジメントという点では
同じ考え方の“保険”。

顧客がリスクと感じる部分こそが
真のリスクではないでしょうか?

新シリーズ 生保メインからのクロスセル
「生保からの損保攻略セミナー」開催決定!
https://www.ins-navi.net/hit/watanabe/l_part1.html
東京 3/24(金) 14時~

損保×生保クロスセルシリーズ、
これまで損保ならではの「更改」を入り口に
ノウハウをお伝えしてきましたが

新シリーズでは
・生保既存客への損保クロスセル
・損保を切り口にした新規(法人)アプローチ
といった内容について

生命保険コンベンションで多数の入賞を
しながら損保の収入保険料1億円を叩き出した
講師の渡邊裕砥がお伝えします。

【セミナー概要】
生保からの損保攻略セミナー
<開催日>3/24(金)東京
<募集人数>限定40名 14:00~16:30
<対象>生保メインで損保のクロスセルをしたい方
<講師>渡邊裕砥(エルティヴィー 執行役員)
<紹介サイト>https://www.ins-navi.net/hit/watanabe/l_part1.html
<参加費用>10,000円(各種割引アリ)

<このセミナーで学べること>
*業界背景について
*特別編「知ってる」が「できる」になる理由
1、損保の3つの保険
2、身を乗り出す「機能説明」
3、個人・法人のリスクを知る
4、簡単見積もり作成の極意

是非ご参加を検討下さい。
インズナビ事務局 平田

【1000号記念:笠原慎也】保険幕末、改善か?革新か?「次の一手」はなんだ?!

いつもお世話になっております。
インズナビ事務局の遠藤です。

インズナビメルマガは、皆様のおかげで
1000号を迎えることが出来ました!
ありがとうございます!

本日は、弊社代表取締役社長の笠原から
メッセージをお送りさせていただきます。

———————————————————————————

いつもインズナビメルマガをご愛読いただきありがとうございます。
エルティヴィーの笠原です。

日頃から皆様のご支援をいただき、
インズナビメルマガもおかげさまで1000号を迎えることができました!
ご愛顧に深く感謝申し上げます。

ここ数年の保険業界(特に乗合代理店)の変化は目まぐるしく、
未だその変化の渦中にありますね。

この大きく時代が変化する時期に私たちは
どの様に「次の一手」を打つべきか?

お客様との関係のあり方そのものが見直しを迫られ、
非常に困惑する日々をお過ごしの方も多いかと思います。
(私もそのひとりです。)

時代に変化が起こっている時は、
予測不能で自身(自社)の方向性を決めるのに苦慮します。

私は、この数年の保険業界の激動を見ていて、
とても感じることがあるんです。

時代が変化している今、
なにか幕末~明治維新にかけての頃の日本と
酷似してると感じられませんか?

今回は私の感じるままに、
あくまで大いなる私見として、

共に激動した時代
「幕末~明治維新と昨今の保険業界の変遷」に
巻き起こる現象を照合してみたいと思います。

(少し長くなります。あくまで私の私見で、つぶやきです。
お時間のある時にご笑読ください。)

幕末から明治維新の時代は、
たぶんこんな時系列になると思います。

1853年にペリーが黒船で来航して開国を要求して以来、
「西洋の衝撃」に対して国防意識の高まりと
ナショナリズムの勃興によって、

徳川幕府は求心力を失い、
約260年にも及んだ幕府の国家主権体制は
崩壊していきます。

台頭する形で薩摩・長州・土佐・肥前などの藩が力をつける一方、
尊王攘夷運動も起こり、その後の薩長同盟を経て、
1867年の大政奉還に至るまでが14年。

廃藩置県の断行が1872年、
西南戦争終結が1885年、
立憲体制の確立が1889年。

それ以降の日本は大正~昭和の第二次大戦終結まで、
天皇を主権とする帝国主義国家として確立していきます。

どこまでを幕末とし、どこからを明治維新とするか?
は様々な説があろうかと思いますが、

ペリーが黒船で来航以来→明治政府の天皇主権の世が
一旦の落ち着きを見せるまで。
との視点に立つと黒船来航から約36年の時を経て
世の中が安定した。

ここまでが幕末~明治維新
という見方が出来るかもしれません。

これを我々に保険業界に昨今の現象は、
確か2011年に金融当局からの依頼により

私たち乗合保険代理店の業界団体との
直接会合が実現しました。
(従来では保険会社とだけ、代理店のみと直接面談はなかった。
≒黒船来航?!)

既定の概念では起こりえないことが
起こったことをきっかけにして、

・適正化により委託型募集人制度の撤廃→雇用化
・体制整備により意向把握・推奨理由の明確かつ証拠化
・特別利益提供の再確認(リーズ等のポイント付与禁止)
・手数料開示要求など ※現在進行形も含めて

大きくビジネスモデルの変革を求められています。
(≒開国要求?!)

従来のビジネスモデルが根本から覆された現在において、
未だに規制をかい潜る方式をとる

一部の潜脱系代理店(≒まだ武士の世が続くと信じてる?!)も存在したり、
一方で正しい運用でコスト増に悩む代理店も多い。(開国派?!)

そんな混沌とする保険代理店業界に向けて

大手金融機関や商社による
保険代理店のM&A(≒薩長同盟?!)が実施され、

これを発端に保険代理店のM&Aは、
この数年で益々加速する機運にあります。

今の保険業界変化のプロセスを幕末の時期に置き換えると、

大政奉還は既に完了し、廃藩置県も強行され、
立憲体制も確立しつつあるレベルで、江戸幕府は終わり、

明治政府が始まっているけどまだ少し混乱している。
といった状況でしょうか。
(洋服の散切り頭もいるけど、まだチョンマゲで刀差した剣客もいる)

ここで歴史に学んでみたいポイントは、
時代が激変する中を生きた対照的なふたりの人物です。

激動期に彼らのとった思考や行動が
私たちの「次の一手」のヒントになるかもしれません。

それは、皆さんご存知の坂本龍馬と、
その従兄弟にあたる武市半平太。

一見すると半平太の方が文武に秀でた土佐藩の優等生で、
龍馬の方が土佐藩を脱藩(現在で言うニート)した劣等生に見えます。

現代よりも地位や役職、
出身地などの「面体」が全ての価値観を支配していた時代ですから、
私たちの感覚以上に対照的なふたりだったでしょう。

幕末期におけるふたりは、
激動の中、時代を変えるべく、
それぞれのフィールドで中心人物として活躍をしました。

そのプロセスを一気に飛ばして、
結果どうなったか?にフォーカスしてみましょう。

武市半平太は、
安政の大獄で失脚した前藩主・山内容堂の
意思を継ぐべく「土佐勤皇党」を結成し、

土佐藩が変革後の日本で
イニシアチブを取るべく心血を注ぎ
様々な活躍をしますが

結果としては、「君主に対する不敬行為」を行ったとして、
担いだはずの藩主・山内容堂によって切腹させられます。

一方の坂本龍馬は、
最初は土佐勤皇党に合流するも後に脱藩。

藩にとらわれないフリーランスになり、
勝海舟、西郷隆盛、桂小五郎など様々な立場や見識の人間と接し、

神戸海軍操練所(勝海舟が後ろ盾)、
日本初の商社・亀山社中のちの海援隊(西郷隆盛が後ろ盾)、
反目していた薩長の交易を成立後に、
薩長同盟を実現し、船中八策を策定から大政奉還にまで至らせました。

土佐では若手の中心人物でリーダーシップも
人望もあった優等生の武市半平太と、
一介の素浪人で奇抜な言動や出立の坂本龍馬。

このふたりの結果に違いをもたらした「違い」は、
「Be(あり方)」にあったのではないでしょうか?

当時で言うと「大義」と言うでしょうか、
現代だと「理念」と言うかもしれません。

半平太のBe(あり方)は、
あくまで「土佐藩のため、藩主・山内容堂のため」です。

既定の枠組みの中で発想し行動をしています。
(従来はとても正しく、優等生です)

一方の龍馬は、黒船来航を自分の目で見て
「日本は完全に西洋列強に劣っている。今のままでは日本はヤバい!」
という危機感から、

龍馬のBe(あり方)は「日本をよくするため」です。

江戸幕府の構造下の藩という枠組みから離れ、
現在の役職や立場がどうであれ、
日本をよくするための枠組みで発想すると、

それに沿う人か?事か?発想か?という視点で
ジャッジして行動していたと言えるでしょう。

どちらもとても優秀なふたり。

世に革新を起こそうと心血を注いだふたりですが、
「何のために行動したか?」によって
後世に残す結果に大きな違いが出ました。

このふたりに学ぶことは、
時代が大きく変化するときには、
既存の枠組みの中で思考して「改善」するよりも、

新たな価値の枠組み(パラダイム)によって
「革新」する方がいい。という点だと思えます。

今後の保険業界も、
異業種参入や大手によるM&Aがいくつも行われたり、

それに対抗する形での合従連衡が起こったり、
すぐ近くにはAIによる
更にに大きなビジネスモデルの変革が予測されます。

私たちも過去の成功体験や、
組織の大小とか、役職とか、既成の概念とか、
既得権益等を一度フラットにして、

どんな「Be(あり方)」によって「次の一手」を決めるのか?
が激変期においては大切なことだと思えます。

チョンマゲの時代は既に終わりました。

どうあれば日本という国や社会にとって
私たち保険人が役に立つのか?

新しい枠組みや価値観にフィットする「Be(あり方)」を共に考え、
アクションを起こしませんか?

日本をよくしたい。
日本を元気にする私たち(保険業界)でありたい。
「保険業界を今一度洗濯いたし申し候」皆さんとともに!

長文にお付き合い頂きありがとうございました。

株式会社エルティヴィー
代表取締役社長 笠原慎也

差別化としてのライフプラン

紹介率100%ライフプランニングセミナー
好評により追加開催します!
3/7(火)東京、3/8(水)名古屋、3/21(火)福岡にて開催
https://www.ins-navi.net/hit/TK_seminar/index.html

そこで、今までにいただいたアンケートを
共有させていただきます。

***************************
ライフプランニングを行う姿勢、こだわりに気付かされた。
知識もしっかり持たないといけないと思った。
また、紹介がでる具体的な方法が聞けて大変良かった。
(保険会社 K様)

ライフプランの作成には力をいれているつもりでしたが
非常に参考になりました。
説明の分かり易さという点で大きく違いがあると感じました。
ありがとうございました。
(保険会社 A様)

時間があっという間でした。
新しい発見が沢山ありました。
(保険代理店 K様)

ライフプランニングがこんなに奥深いことを
初めて知りました。
(保険代理店 M様)

***************************

アンケートにご協力いただいた方
ありがとうございました!

講師である高橋氏は、
一切マーケティングをすることがなく、
100%紹介でお客様が自ら高橋氏の事務所へ足を運ばれます。

高橋氏は『法人』や『富裕層』の
ライフプランをしません。

『一般の家庭にも家を買うことや、ちゃんとした教育を受けさせる。
そんな家族の夢を叶えるお手伝いをしたい。
自分を必要としてくれる人に全力でライフプランをしたい。』

そんな想いから、各種証券等を用意・持参し
夫婦ともに有休を使っても、
高橋氏の事務所へ足を運ぶことに了承いただける一般家庭に、
顧客を絞っているのです。

つまり、「一般家庭のライフプラン」で
「圧倒的な差別化」をしています。

本セミナーではそんな高橋氏の
差別化を生む、ライフプランのノウハウを公開します!

是非、ご参加検討いただければと思います。
https://www.ins-navi.net/hit/TK_seminar/index.html

インズナビ事務局 遠藤

がん治療の最前線とは

がん患者の遺伝子情報を元に
ビッグデータを活用して
最適な治療薬を導き出す治療法が
研究されているそうです。

健康な細胞にまでダメージを与える
従来の抗がん剤とは異なり
がん細胞のみを狙い撃ちする治療薬は
既に開発されていて、

そこから最適な治療薬の選択を
システムがしてくれるのだと言います。

また、唾液や血液わずか1滴から
がんの診断ができる早期発見の
技術開発も進んでいて、

こうした治療方法が一般化すれば
がんは治る病気になるかもしれません。

ただその分コストもかかり、
遺伝子検査の場合、1回42万~65万。
しかも保険適応外なので
全額自己負担とかなり高額です。

優良ドライバーほど保険料が安くなる
テレマティクス保険の仕組みのように

生命保険も健康増進に取り組む人ほど
保険料が安くなる仕組みにシフトすれば、
治療費と保険料との兼ね合いで
安く治療できるようになる可能性もありそうです!

日本人の死因第一位のがん。

がん治療の常識が変わり、リスクも変われば
保険の考え方も変わってくる気が致します。

業界として気になるトピックですね。

インズナビ事務局 平田

【INS-NAVI HIT】お役立ちイベント情報

本日はLTVイベント一覧をお送りします。

1)紹介率100%ライフプランニングセミナー
講師の高橋賢二郎氏は
100%紹介営業で年間150家族の契約数を叩き出しています。
その圧倒的な差別化のポイントはライフプランニング。

<開催日>3/7(火)東京、3/8(水)名古屋、3/21(火)福岡
<募集人数>各会場限定50名 14:00~17:00
<対象>紹介連鎖がほしい募集人、究極のライフプランニングを知りたい方
<講師>高橋賢二郎(ホロスプランニング沖縄オフィス所属 高橋FP事務所代表)
解説:今村嘉孝(ホロスプランニング取締役)他
<紹介サイト>https://www.ins-navi.net/hit/TK_seminar/index.html
<参加費用>10,000円、(任意:懇親会3,000円) 各種割引あり

2)顧客情報活用システムセミナー
誰もが持つ宝の山!顧客情報
マーケティング(=売れる仕組み)を再構築する。
<開催日時>東京:2/21(火)、3/23(木)
<募集人数>限定12名
<対象>代理店経営者およびシステム・インフラ担当者
<講師>渡邊裕砥(予定:エルティヴィー)
<紹介サイト>https://www.ins-navi.net/hit/csb/index.html
<参加費用>無料

3)公的保険マスターセミナー基礎編【募集人向】
国の保険がわかれば、民間保障のニード喚起ができる
<開催日時>東京:3/15(水)
大阪:3/24(金)、博多:2/24(金)
<募集人数>50名 10:00~17:00
<講師>山中伸枝(公的保険アドバイザー協会)
<紹介サイト>https://siaa.or.jp/ltv/seminar/#seminar_gaiyou
<無料動画>https://vimeo.com/180688759
<参加費用>21,600円
※エルティヴィーは公的保険アドバイザー協会の指定教育機関です。
※本セミナーはWEB以外のお申込みを受け付けておりません。

5)アクティブ・ブレイン・セミナー ベーシックコース
脳の潜在意識をスパークさせる!
<開催日時>東京4/8(土)・9(日)
<募集人数>東京30名
<講師>伊東泰司(HOLOS-BRAINS代表取締役社長)
<紹介サイト>
大阪 http://www.holos-brains.jp/training/trainer/active2017osaka2gatsu/
東京 http://www.holos-brains.jp/training/trainer/active2017tokyo4gatsu-2/
<費用>36,000円

セミナーのお申込・お問合はお電話でも承っております。
→03-6234-6392までお気軽にご連絡下さい。

【本日開催】2/16福岡 損保×生保の実践トークをお伝えします!

損保×生保シリーズPart3
「損保だからこそやれてしまう実践トーク」を
本日(2/16)福岡にて開催します!

https://www.ins-navi.net/hit/watanabe/part3.html
飛び込みご参加大歓迎です

生保につなげるための、自動車保険、火災保険
今日から使える実践トークを公開します

機能説明を丁寧にする=保険のNOを伝える!
ことでお客様の信頼度はグッと上がります。

保険が役立つのは、事故など万が一の時。
・保険がちゃんと使えるようにするにはどんな機能が必要か?
・自分とご契約いただく付加価値が伝わったか?

損保系代理店にも関わらず、
カタカナ系生保で幾度もコンベンションに入賞した
講師の渡邊裕砥(現LTV所属)が
ノウハウを惜しみなく公開致します。

今回は特別メニューで「知ってる」を「出来る」に
するための脳科学から紐解いた特別編もお伝えします。

<このセミナーで学べること>
損保だからこそ出来る自分の強み(差別化)を知る。
・損保だからこそ貰える「10分間」
・聞く・・・ではなく聴く力!
・自動車保険から生保トーク
・火災保険から生保トーク

【タイトル】損保だからこそやれてしまう実践トーク
【対象】損保から生保販売につなげたい募集人
    生保から損保に繋がりたい募集人
    上記をもとに生産性を上げたい経営者
    上記をもとに情報提供を行いたい保険会社
【日次】2/16(木)14:00~16:30
【会場】福岡市中央区天神3丁目4-10 天神西茂ビル6階 601号室
【申込サイト】https://www.ins-navi.net/hit/watanabe/part3.html
【問合せ】03-6234-6392 平田、遠藤まで

これを実践するにあたって
新しいスキルや知識は必要ありません。
機能説明トークを実践するだけです。

ぜひご参加ください。

インズナビ事務局 平田

損保×生保セミナー実践した方のお声を共有します。

先週末に大阪にて
損保から生保シリーズ第三弾
『損保だからこそやれてしまう実践トーク』を
開催させていただきました。
https://www.ins-navi.net/hit/watanabe/part3.html

今回の大阪セミナーでは、
渡邊の講義を実践し実際に成果を出されている
受講者がいらっしゃいましたので、
体験談をお話しいただきました。

本日はその内容を共有させていただきます!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
損保の更改は今までもやってきましたが
なかなか生命保険の話に至らない状況でした。

セミナーの中でまずは打席に立つことが大切と
おっしゃられていたので、
セミナー中に更改の時の件数を決め、
生命保険のアプローチをやりはじめたら、
いきなり3件の生命保険の契約をいただきました。
(損保系乗合代理店 募集人O様)

+++

セミナーで聞いたとおり、
損保商品の更改で機能説明を行いました。
するとお客様の反応が格段に変わって
提案がスムーズに行くようになりました。

お客様の保険に対する興味があがり、
生命保険の相談案件が複数出てきたところです。
(損保代理店 経営者T様)

+++

損保×生保クロスセルセミナー3回目の参加です。
損保の更改でお伺いして、セミナーで講師の渡邊さんが
言ったとおりの機能説明をお客様に伝えたところ、

お客様の反応が今までとは180度変わってきて
スムーズに生命保険の相談につながり、
先月はAAPで650万円の契約をいただきました。

損保では、更改契約でほぼすべて
保障内容がアップして更改をいただくようになりました。
(損保系乗合代理店 A様)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

体験談をお話しいただいた方
ありがとうございました!

セミナーを通じて成果を出していただける
こんな嬉しいことはありません。

今後もより多くの方に実践いただけるように
本セミナーを続けていきたいと考えております。

2/16(木)に福岡で開催します。
『損保だからこそやれてしまう実践トーク』
https://www.ins-navi.net/hit/watanabe/part3.html

ご要望がありましたら
会社様での個別開催も可能です。

是非、ご参加検討下さい。

インズナビ事務局 遠藤

【募集人向】紹介率100%ライフプランニングセミナー開催決定

「お客様から面談をお願いに来る」
行列の出来るFPによる
人気セミナーの開催が決定致しました!

紹介率100%ライフプランニングセミナー
https://www.ins-navi.net/hit/TK_seminar/index.html
3/7(火)東京、3/8(水)名古屋、3/21(火)福岡

講師の高橋賢二郎氏は
・保険だけの相談はお断り
・地元マーケットではない沖縄
・お客様に紹介をお願いすることはない

・・・にも関らず100%紹介営業で
年間150家族の契約数を叩き出しています。

その圧倒的な差別化のポイントは
ライフプランニング。

セミナーでは
「ライフプランニングがどう保険につながるか?」
「紹介が連鎖するロジックは何か?」
をお伝えいたします。

紹介率100%ライフプランニングセミナー
https://www.ins-navi.net/hit/TK_seminar/index.html
<開催日>3/7(火)東京、3/8(水)名古屋、3/21(火)福岡
<募集人数>各会場限定50名 14:00~17:00
<対象>紹介連鎖がほしい募集人、究極のライフプランニングを知りたい方
<講師>高橋賢二郎(ホロスプランニング沖縄オフィス所属 高橋FP事務所代表)
解説:今村嘉孝(ホロスプランニング取締役)他
<参加費用>10,000円、別途懇親会3,000円(参加は任意です)
※HITご購入者様限定割引あり

そして、ロジックに加えて
高橋流ライフプランニングの根幹を成す
FPとしてのあり方をお伝えし、

ただ聞いて“分かる”だけでなく
“出来る”につなげていただける
内容となっております。

ぜひご参加を検討ください。

インズナビ事務局 平田

【本日開催:大阪】2/10損保×生保 実践トークセミナー

好評を頂いております「損害保険×生命保険」の
実践編「トーク事例集」テーマにしたセミナーを
本日(2/10)大阪(本町)にて開催します!
https://www.ins-navi.net/hit/watanabe/part3.html
飛び込みのご参加大歓迎です。

講師は佐賀で損保系代理店に所属していたにも関わらず
カタカナ系生保で幾度もコンベンションに入賞していた
渡邊裕砥が(現在弊社LTVに所属)
そのノウハウを惜しみなく公開します。

<< プログラム内容 >>
イントロダクション
・知っているのになぜできない?
・業界背景
1)会うための更改スケジュール!
2)更改プロセス
3)The!!機能説明&アプローチ!
4)聞く 聴く 効く

【タイトル】損保だからこそやれてしまう実践トーク
【対象】損保から生保販売につなげたい募集人
    生保から損保に繋がりたい募集人
    上記をもとに生産性を上げたい経営者
    上記をもとに情報提供を行いたい保険会社
【日次】2月10日(金)14:00~16:30
    ※福岡(2/16 木)でも開催します!
【会場】損害保険ジャパン日本興亜㈱ 大阪ビル 9階第 4研修室
    大阪市中央区瓦町4丁目1番2号
【申込サイト】https://www.ins-navi.net/hit/watanabe/part3.html
【問合せ】03-6234-6392 平田、遠藤まで

ご検討宜しくお願いいたします!

インズナビ事務局
遠藤

約款を説明するだけ、すぐできるアプローチ

昨年度から始まりました、
損保×生保シリーズ。

沢山の方にご好評いただきまして
損保系の保険会社様にも個別にセミナーを
多く行わせていただいております!

ありがとうございます。

年間約150件以上のコンサルティングや
職場研修講師を務めました講師渡邊が

実践したこと、お伝えしたいことは
まだまだございます。

今回の第三弾は
面談時に具体的にどうしたら成果につながるの?
にお答えしまして

自動車保険、火災保険、賠償保険について
どうアプローチしたら良いのか?

例えば、
自動車に乗っていて、衝突事故を起こしてしまった。

急いでいて、大した損害もなかったので、
保険に入っているから大丈夫だと思い示談してしまった。

しかし、勝手に示談しても加重された部分は保険金が
払われないという条項が約款に記載してあった・・・

自動車事故を起こしたら、まずどうしないといけないのか?
どうしたらダメなのか?を事前に
お客様に知っていただくことは大切です。

そしてそれこそが、
お客様から信頼を得るアプローチ方法。

今回のセミナーは、このようなすぐ使えて、
すぐ実践出来る内容になっております。

損保だからこそやれてしまう実践トーク
大阪:2/10(金)、福岡:2/16(木)
https://www.ins-navi.net/hit/watanabe/part3.html

講師渡邊のいくつかの後悔から学んだ事項も折り込め、
お客様が大変な状況になった時に
ありがとうと言ってもらえる様な人になっていただきたい。
成果を上げてほしいという思いを込め、

前半は、セミナーを受けたあと
『できる』ようにするためにはどうすれば良いか?
を脳科学的にもお伝えします。

是非、ご参加検討いただければと思います。

インズナビ事務局 遠藤