【代理店向】業法改正「内部監査対策」講座のご紹介

来年5月29日から施行の改正保険業法。

保険代理店に対する体制整備には、
【内部管理体制】が新たに求められましたが、
進捗・対応はいかがな状況でしょうか。

こちら、代理店単位で規定の運用が守られていることを
定期的に監査・点検し改善する体制、
いわいる「PDCAサイクル」体制が、
社内にあることが求められてくることを意味します。

全ての代理店に
独立した内部監査が必要であるとまでは
記載されておりませんが、

ルールが守られていることを
監査・点検、改善できる仕組みは
業法改正に対応するためには必須条件となります。

※募集 コンプライアンスガイド[追補版] – 日本損害保険協会より
http://www.sonpo.or.jp/about/guideline/pdf/index/boshuguide_e.pdf

とはいえ、今すぐ監査のための人員増強や、
外部に監査を依頼するまでする判断には、まだ至れない・・・。

今の人員構成でPDCAを回していく体制をつくれないか、
そんな保険代理店経営の現場の声から生まれたのが、
『保険コンプライアンスオフィサー養成講座』です。
https://www.ins-navi.net/hit/nihonsourin/index.html

保険業法や社内規程・ルールに従い、
適正かつ法令遵守された
経営管理態勢や内部管理態勢となっているかを
法的根拠によるモニタリングを実施。

PDCA手法に則り、課題の発見、改善指導を行い、
定着状況までのフォローすることができるようになる、

『保険コンプライアンスオフィサー』を
今の社内で育成されてみませんか?

11/25(水) ・11/26(木)に、
『保険コンプライアンスオフィサー養成講座』が開講されます。
https://www.ins-navi.net/hit/nihonsourin/index.html
※実務研修(別途2日間)の計4日間

本講座は、保険代理店従業員様を対象に、
代理店内部監査の経験豊富な
日本創倫株式会社の専門講師が、PDCAを根づかせる
指導・教育、ノウハウやツールを提供。

受講者の所属代理店を内部監査の実務研修として実査し、
講師が同行監査・指導後、監査報告書を作成・評価します。

そして、講座終了後も必要な情報提供、
研修、相談などフォローもある講座です。
https://www.ins-navi.net/hit/nihonsourin/index.html

よろしければご検討下さい。

———————————講座詳細———————————-
保険コンプライアンスオフィサー養成講座
【内容】改正保険業法で求められる「内部監査」対策
【対象】保険代理店経営者、従業員
【日時】座学研修11/25(水) ・11/26(木)+実務研修(別途2日間)の計4日間
【お申込はこちら】https://www.ins-navi.net/hit/nihonsourin/index.html
【参加費】200,000円(税別、事前銀行振込(一括のみ))
※3日目の内部監査費用を含みます。
ただし、交通費、宿泊費が発生する場合は別途ご請求となります。

【情報共有】体制整備コンテンツもろもろ

先日発売の「週刊ダイヤモンド 34号(9/5)」の中で、
激震!保険代理店を題する特集がありました。
皆様、ご覧になりましたでしょうか?

代理店業界編と改正保険業法編の構成で、

代理店業界編では、
これまで保険ショップに対して静観の構えだった
国内最大手の保険会社が、
中堅保険ショップを買収した背景や
代理店業界が抱える問題を列挙されています。

代理店業界への参入表明は
業界に驚きの声が上がったことは
記憶に新しいです。

改正保険業法編では、
来年5月29日施行される改正保険業法で、
「意向把握義務・情報提供義務」「比較推奨販売」
「体制整備義務」「募集関連行為」といった
新たな保険募集に対して課される法規制の背景や、
ポイントが整理されています。

目前に迫る厳しい募集規制は
規制に応じた体制整備を
一日も早く取り掛からなければ法改正に間に合わない・・・
といった総論で、賛否両論あるかもしれませんが、

保険ビジネスに携わる方ならば
今の保険代理店業界の状況や、
改正保険業法で求められる内容を横断的に理解し、
自社やご自身の対応策を決めていくことが、
今後更に求められることは必至と思われます。

(ご参考)「週刊ダイヤモンド 34号(9/5)」
http://dw.diamond.ne.jp/category/special/2015-09-05

<追伸>

改正保険業法への対応は、
あくまでスタートラインです。

保険ビジネスを継続するにあたって、
今後の明暗を分けるのは、
お客様に対するあり方の差別化であり、
それこそが追求していく真のテーマではないでしょうか。

そこで、最後に体制整備・差別化の
ソリューションをご紹介させて頂きます。

1)保険代理店・体制整備支援システム「CSB」
【経営者向】
顧客契約情報に紐づいた様々な情報を統合。
業法改正に対応した体制整備構築、
その先の差別化を図るインフラとしてもお役立てします。
http://www.ltv-holos.jp/csb/

2)見えない価値を資産化する「L-club」
【経営者向】
保険代理店の本当の強み【お客様との関係性】
その満足度の向上を通じて、
新たな市場の創造と企業価値の向上を実現します。
http://www.ltv-holos.jp/l-club/

3)究極のブティック化「美しい相続」
【募集人向】
大手資本に対抗できる、本当の差別化を
“相続マーケット”の事例に沿ってご紹介。
http://www.ins-navi.net/hit/souzoku/

4)勝ち残る代理店経営者の未来戦略「M&A戦略セミナー」【無料】
【経営者向】
保険業法改正のいきさつと概要、代理店の差別化戦略とは
M&Aによる保険代理店勝ち残り戦略~成功するM&Aの秘訣!~
9/14(月)(東京)13:00~16:00
http://www.ins-navi.net/seminar/20150908ma_tokyov3.pdf
9/18(金)(大阪)13:00~16:00
http://www.ins-navi.net/seminar/20150908ma_oosakav3.pdf

5)業法改正だからこそ出来る「新世代マーケティングセミナー」
【募集人向】
今までと変わること、変わらないこと。
義務化される募集活動をいかに生産性に繋げるか。
新時代に向けたマーケティング(見込み獲得)を共有します。
10/6(火)(大阪)14:00~16:30
10/7(水)(福岡)14:00~16:30
https://www.ins-navi.net/hit/rml/index.html

以上、ご参考頂ければ幸いです。