法改正にも左右されない会社のあり方

平成27年9月に改正された労働者派遣法。

派遣労働者がより働きやすくすることを目的に、
1)すべての労働者派遣事業が許可制に統一
2)派遣期間規制の見直し
3)雇用安定措置の義務化
といった法改正が行われて3年が経ちました。

1)すべての労働者派遣事業が許可制に統一

改正前からの届出による
「(旧)特定労働者派遣事業」を行っている場合は
旧事業を継続できていましたが、
その経過措置も平成30年9月30日で終了します。

2)派遣期間規制の見直し
3)雇用安定措置の義務化

派遣期間規制の見直しでは、
派遣社員が同じ派遣先で働ける
期間は最長3年までとされ、

3年以上働く場合は派遣元企業が
・派遣先への直接雇用の依頼
・新たな派遣先の提供
・派遣元での無期雇用

など、雇用安定措置を実施する必要があります。

また、派遣先企業にも
キャリア形成支援制度の導入が義務付けられ
派遣元・派遣先ともに
法改正の内容は大きく影響してきます。

多くの企業や、
また保険代理店においても
他人事ではない法改正。

法令順守は大前提ですが、
派遣労働者も含め、
従業員に長く働いてもらえる組織づくりは
今後ますます必要不可欠となります。

企業にとって就業規則、福利厚生の見直しは、
成長する組織づくりの
根幹にかかわる重要な位置づけとなります。

社労士・岡弘己氏が解説する
「法人営業戦術007」では、
保険業界出身で、なおかつ社労士目線から
就業規則の見直しや福利厚生について
解説されています。

【法人営業戦術007 生命保険営業のキーワードは“RM”】
https://store.shopping.yahoo.co.jp/insnavi-hit/hit000000005h.html

従業員は会社にとって財産です。

その財産を守る為に
企業のリスクマネジメントとなる
“従業員満足”と“経営のリスクヘッジ”を

社労士ならではの労務管理の視点から、
学んで頂けます。

是非この機会にご覧になってみてください。

法人開拓のハードルが下がる!?新セミナー開催決定

経営に必要な6つの資源…
ヒト、モノ、カネ、情報、時間、知的財産(ブランド)

どれが経営に一番大切な資源か
お分かりになりますでしょうか?

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの
爆発的ヒットの立役者である
マーケターの森岡毅氏によれば、

6つの資源全ての采配や増減を
コントロール出来るのはヒトだけなので、
一番大事な資源はヒトだと言います。

実は経営者の一番の悩みも
新規開拓や売上、利益よりも
●優秀な社員が育つかどうか
●働き続けてくれるかどうか
といったヒトの問題に行き着きます。

保険営業目線の損金話法や
退職金話のアプローチでは
法人開拓が難しい今、

ヒト=従業員にフォーカスした
法人アプローチ術を学んでみませんか?

法人開拓のハードルがグッと下がる!
従業員退職金からの法人開拓セミナー
https://www.ins-navi.net/hit/oka_hojin/index.html
10/31(火)大阪・12/5(火)福岡・12/6(水)東京

これまでに全国3000社以上もの
企業コンサルティングの実績を持つ
社会保険労務士の岡弘己(おかひろみ)氏いわく、

法人営業に必要なのは
経営者視点でニードを喚起する提案術。

社長は
優秀なパート社員にもっと長く
働いて欲しいと思っている。

パートは
働きたくても扶養の範囲内の年収で
とどめたいと思っている。

今年は企業の業績回復や
恒常的な人手不足によって
・大学新卒の内定率が88.4%
・失業率は22年ぶりに2%台に低下

といったように人材は売り手市場。

今後も人材獲得競争は
加熱していくと推察されます。

そうした中、従業員が長く働きやすい
労働環境を設ける仕組みは
多くの経営者にとって、

“保険を売りつけられる話”ではなく、
“経営に役立つ話”として聞いてもらえます。

<開催概要>
法人開拓のハードルがグッと下がる!
従業員退職金からの法人開拓セミナー
https://www.ins-navi.net/hit/oka_hojin/index.html

10/31(火)大阪・12/5(火)福岡・12/6(水)東京
講師:(株)ブレイン・サプライ代表取締役 岡弘己

 

法人開拓のハードルが下がる
アプローチ術、
ぜひこの機会に学んで頂ければと思います。

【FP小話】利益至上主義は正しいか否か

東芝が不適切会計問題を取り上げられ、
大きなニュースになっています。

売上高や利益などの目標で「チャレンジ」を課し、
強いプレッシャーがかけられた
企業風土によるものだと報道されています。

「チャレンジ」の報告書によると、
東芝では高いレベルの収益目標をそう名付け、
経営トップらが現場に達成を強く迫っていたとのこと。

目標設定は「ある期間の利益を最大化する『当期利益至上主義』」。

担当者らはその圧力に抵抗しきれず、
会計の数字をいじることで利益を水増ししており

明らかになったのは、東芝の経営陣と現場の両方に
ルールを守らなければいけないという
意識が欠けていた実態だそうです。

経営におけるリスクというのは
法人規模の大小にかかわらず
潜在的に潜んでいるものであると

弊社DVD「法人営業007」の講師
岡 弘己(おか ひろみ)氏はよく語られています。

でも、その一方で「経営者の味方」は
あらゆる事柄において少ない。
相談できる先が限定されているという問題があるそうです。

この報道、続きが気になりますので
改めて続報させて頂ければと存じます。

——————————–

経営者たちは”今”何に関心があるのか?

「経営の相談という角度からヒアリングすると、
おのずと”リスクマネジメント”の話になってくる」

「社長が前のめりになって
コンサルを聞いてくれる状況を作れる」

そう「法人営業戦術007」の岡氏はおっしゃいます。

保険営業の視点からのアプローチでは、経営者の心は動きません。
法人営業に必要なのは、経営者の視点から
ニードを喚起する提案術です。

経営者の視点を考えたアプローチ術を学んでみませんか?
<法人営業007 DVD>
http://www.ins-navi.net/hit/hojin/hojineigyo007.htm