介護離職への備えでFPに出来ることは

介護離職予備軍346万人。

介護をしながら働く人は346万人に達し、
2017年に介護離職した人数は
9万人に上るそうです。

「超高齢化社会」ということに加えて
「働き方改革」の観点から見ても
日本が抱える大きな課題の一つと言えます。

・要支援2の方の4人に1人が
1年以内に要介護1になっている

・介護期間は平均4年11ヶ月(59ヶ月)
10年以上の方も16%に上る

といった現状を考えても
介護リスクへの備えの重要性が
改めて認識され、

保険会社も対応した商品を
次々と発売しています。

●富国生命・第一生命・太陽生命
・「要介護2」以上になると
介護の終身年金が受け取れる商品を発売。

・太陽生命の商品は
20年分の年金保証付きで貯蓄性がある、
・富国生命の商品は
重度の認知症の場合に年金額が50%加算される、
など各社差別化を図っている。

●朝日生命
「要支援2」でも保険金が受け取れる商品を
業界で初めて発売。

では保険代理店・FPに出来ることは何か?
と言うと、長生きリスク・介護リスクも踏まえて

自身の老後の家計を破綻させない・・・
親が介護になった場合に
関わる子供世帯の家計を破綻させない・・・

ベストなシニアライフプランニングを行うこと、
徹底したコンサルティングがますます重要になってきます。

「THE 大人のライフプランニング」では、
誰もが年に1回受け取る
ねんきん定期便を活用した
シニアライフプランニングのノウハウを
集約しています。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/insnavi-hit/hit000000016H.html

民間の保険はあくまで公的保険の補完。

いくら年金を受け取れるのか?
を可視化した上でこそ
ベストなプランニングができるようになります。

老後のライフプランニングに欠かせない
年金制度を分かりやすく解説し

・お客様の不安に寄り添うあり方
・年金制度の専門知識を営業に活かす方法
についてお伝えしています。

単なるやり方にとどまらない
FPとしてのあり方も
大いに参考にいただける内容ですので
ぜひご活用くださいませ。

売上アップにつながる信頼関係構築は?

エルティヴィーの渡邊です。

セミナーで全国を回っていると
営業パーソンの悩みをよく聞きます。

どうすればお客様との関係性ができるの?
どうすればお客様の信頼が得られるの?

実は簡単なことなんです!!

頂いた面談時間の中で、
★お客様自身に「リスク」に気づいていただくこと
★「リスク」に対する保険の「機能説明」をすること
この2点をおさえるだけ。

お客様に「“何のため”に保険契約されますか?」
とうかがうと、皆さん口をそろえて
「万一の事故に備えて」とおっしゃいます。

ではその想定される「万一の事故」の際・・・
どんな対応が必要?
契約している保険がどう機能する?
保険金はどうやって支払われる?

これらを「簡潔に」「わかりやすく」お伝えする
機能説明によって、お客様の興味領域が広がり
「へー!」と言う言葉が出てきます。

お客様が【腑に落ちる瞬間】です。

では「機能説明」って具体的にどうすればいいの?

そんな営業パーソン必見のDVDを
新日本保険新聞社から発売しました。

詳細と販売ページはコチラからどうぞ!
DVD【損保×生保クロスセル力を高めるシリーズ】
https://www.shinnihon-ins.co.jp/ltv_crosssell/

全国で延べ3600名以上の方に
ご参加いただいたクロスセルセミナーで
出たお声を反映し、
今日から使える手法やトークを公開しています!

<お伝えしているポイント>
・損保の更改から生保のアポイントを取る方法
・機能説明で「グッと」お客様を引き付ける実践トーク
・自然と生保につなげる「ブリッジトーク」
・効率のいいスケジューリングの方法
・お客様と一緒に計算しながら保障額算出法
・優先順位に沿った「断られない」プレゼン方法
・コンスタントに手数料を確保するため損保を強化する方法

内容は語りつくせません。

損保の日々の更改から生保を伸ばしたい方
お客様と継続的なつながる損保を伸ばしたい方

繰り返し学習いただくことで
DVDでインプット~現場でのアウトプット
の反復をしていただけます。

ぜひご参考にくださいませ。
https://www.shinnihon-ins.co.jp/ltv_crosssell/

エルティヴィー 渡邊裕砥

人生100年時代のライフプランニング

年々増加する高齢者人口。

今年9月の総務省推計によれば
65歳以上:3,557万人(約3割)
70歳以上:2,618万人(約2割)
となり、どちらも過去最多だそうです。

背景には医療の発達に伴う長寿化のほか
2017年から団塊世代が70歳を
迎え始めたことも大きく関係しています。

このように高齢化が進むなかで
・長生きリスク(医療費)の高まり
・年金財政の悪化
・セカンドライフの充実(人生100年時代)

といった影響から65歳や70歳を超えて
働く選択をする人も増えてきました。

今や全就業者のうち高齢者の割合は
12.4%に上る807万人。

人生100年時代とも言われる今、
「どんな人生を送りたいか?」・・・仕事・健康・趣味・人間関係など
を考えておくことは、世代に関係なく
重要になってきていると言えます。

またFPの役割としては
老後まで見据えた
トータルライフプランニングをすることが
ますます求められてきます。

———————————————–
<お役立ちDVDのご紹介>

1.続 行列の出来るFP相談所
https://store.shopping.yahoo.co.jp/insnavi-hit/hit000000014h.html

地元マーケットでない沖縄にも関わらず
口コミ&紹介だけで
年間の契約数は150世帯!

行列の出来るFP高橋賢二郎氏の
メソッドを徹底分解したコンテンツです。

ライフプランの4大要素
「年金」「住宅ローン」「教育費」「保険」を
ベースにしたヒアリング、
高い満足度を生み出すポイントとは何か?

紹介をいただけるあり方・やり方を
学んでいただけます。

2.THE 大人のライフプランニング
https://store.shopping.yahoo.co.jp/insnavi-hit/hit000000016H.html

ねんきん定期便を活用した
シニアライフプランニングの
ノウハウを集約したコンテンツです。

老後のライフプランニングに欠かせない
年金制度を分かりやすく解説し

・お客様の不安に寄り添うあり方
・年金制度の専門知識を営業に活かす方法
についてお伝えいたします。

———————————————–

単なるやり方にとどまらない
FPとしてのあり方も
大いに参考にいただける内容となっております。

ぜひご参考にくださいませ。

お客様からの信頼関係により次に繋がるアプローチ

10月に入り、やっと秋らしい気候になりました。

この夏は、記録的な豪雨、強烈な台風
そして強い揺れに次々と襲われて
多くの方が被災され
甚大な被害となりました。

被災されたお客様から
ご連絡をいただき、事故お手続きの対応をされた方も
多いかと存じますが、

地震や豪雨等自然災害が
発生した際、ご自身のお客様に能動的に
ご連絡はされていますでしょうか。

災害発生時、代理店にできることは
いち早く安否確認や被害確認を行って
被災されたお客様に
「一日も早く保険金をお支払いする」
ために尽力することです。

長い期間、地震保険や火災保険に
加入はされていても
契約内容が思い出せない・・・
というお客様がいらっしゃる場合もあります。

保険は「いざ」という時のために加入するからこそ
★「いざ」という時のスピーディな初動対応
★日頃からのコミュニケーション

によってお客様との信頼関係を保っておくことが
とても重要になります。

さらに、保険のプロとして、お客様に
保険の必要性をご理解いただくための
話し方や伝え方はとても重要です。

弊社の渡邊が講師を務める
「損保×生保クロスセルセミナー」
をDVD化したシリーズでは、
お客さまの心をグッと惹きつけ、
介在するリスクを正しく理解していただく
実践トークについてご案内しております。

◇損保×生保クロスセル力を高めるシリーズ◇
https://www.shinnihon-ins.co.jp/ltv_crosssell/

予期せぬリスクを
事前にどれだけ可視化できるか
万一、災害が発生した場合の損害を
どうカバーするか・・・
そのリスクヘッジの手段として、
保険がどう機能するのか

お客様にしっかりと理解いただけるよう
保険商品の機能説明をすることで、
リスクマネージャーとして頼りにされ
次のアプローチにも繋がります。

これこそコミュニケーションの中から
見込のお客様に繋がるチャンスです。

今日からでも営業で実践に活かせて成果に
つなげていただける内容になっていますので、
是非ご参考にいただけましたら幸いです。

増える生前贈与のニーズに応えるには

生前贈与の動きが
これまで以上に加速しそうです。

現在、2013年4月に始まった
教育資金の一括贈与の非課税特例の
恒久化が検討されています。

この特例は
年間110万円までの贈与が
非課税になる暦年贈与とは別に、

30歳未満の子どもや孫への教育資金に
限定した贈与であれば1500万円までが
非課税になるというものです。

2018年3月末までの時限措置でしたが
子育て世代の経済的負担を減らせて
かつ節税にもつながると注目を集め、

今年3月までで信託口座の契約数が
19万件を突破するほどの人気ぶりから
制度の恒久化が検討されているのです。

このような制度設計が進むほか、
生前贈与は
「認知症になった親の資産凍結を
防ぐために生前贈与したい」
といった観点からもニーズが高まっています。

高齢の認知症患者の場合
「医療費を引き出したいけれど
本人の意思確認ができないから
家族でもお金を引き出せない・・・」
となってしまい困るケースが増えているのだとか。

高齢の認知症患者の資産額は
2030年度には全体の1割にあたる
215兆円に上ると推計され、
生前贈与や相続ニーズは今後いっそう高まりそうです。

認知症のように
いざと言うときになってからでは
対策できないこともあるので、

★あらかじめリスクを可視化しておくこと
★そのリスクに対して、自分にも家族にも
ベストなリスクヘッジをすること

といったことがFPとしては
ますます求められる役割になります。

下記で紹介するDVDでは
・生前贈与・相続ニーズをキャッチする仕組みづくり
・お客様に寄り添った課題解決のポイント→信頼から紹介が生まれる

などについてお伝えさせていただいております。

DVD「ジョージ流美しい相続」
https://store.shopping.yahoo.co.jp/insnavi-hit/hit000000025h.html

FPとして増える相続ニーズへお答えする
一助にいただける内容ですので
ぜひご参考にくださいませ。

台風で太陽光パネルが飛んで隣の壁に傷つけた・・・どうする?

皆さんこんにちは、
エルティヴィーの渡邊です。

今年は猛暑に加えて台風が乱発したり
台風が平年のルートを逆行したり
豪雨による洪水や土砂崩れで
家屋の浸水や損壊が発生しています。

被害に遭われた皆様には
心からご冥福をお祈りいたしますとともに
お見舞いを申し上げます。

クロスセルセミナーの受講者の方から
こんな質問をいただきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
「台風等で太陽光パネルが飛んで、
近隣のお宅に損害を与えた場合
対応する保険はありますか?」
~~~~~~~~~~~~~~~~~

損害に関する考え方のポイントは
太陽光パネルの所有者が
【安全管理義務を果たしていたかどうか】
という点にあります。

所有者がちゃんと安全管理を行い
注意義務を果たしていれば、

自然災害は不可抗力とみなされ
基本的に損害賠償義務は発生しません。

しかし所有者が管理を怠っていた場合は
賠償責任が発生する可能性があります。

過去の経験ですと・・・

あるコンビニエンスストアで
台風が接近しているにも関わらず、
商品搬送用のコンテナを外に放置。

コンテナが強風で飛ばされて
買い物に来ていたお客様の車にあたって
損害を与えた事故がありました。

当然、コンビニ側の管理義務が問われ
施設賠償責任保険で修理費用を支払いました。

自然災害そのものは不可抗力ですが、
【施設や物品の所有者が安全管理義務を果たす】
ことが法人個人ともに
重要なリスク回避策になります。

◎法人→「施設賠償責任保険」の確認
◎個人→「個人賠償責任保険」の確認

といった方法で保険の安全点検を行いつつ
具体的な備えとして

・自宅周辺の飛ばされそうなものは自宅内に収納する
・外壁や屋根材などが飛ばされそうな場合は補強する

など早めの対処策をお伝えすることも
保険のプロとして重要な仕事です。

https://www.shinnihon-ins.co.jp/ltv_crosssell/

先般リリースしたDVD
「損保×生保クロスセル力を高めるシリーズ」では
お客様をグッと惹きつける実践トークも
ご紹介しておりますので
よろしければご参考にくださいませ。

転ばぬ先の杖を、皆さんの手で
実践いただけたら幸いです。

株式会社エルティヴィー 渡邊

大好評発売中!損保×生保クロスセルDVDのご案内

弊社講師の渡邊による
大人気のクロスセルセミナーが
ついにDVDになりました!

販売開始から1カ月が経ちましたが、
多くの方からご好評をいただいております。
すでにご購入いただきました方に
つきましてはありがとうございます!

当日参加できなかった方や、
アーカイブ配信をご覧いただけなかった方に
お勧めいたします!

■■□―――――・
DVD詳細のご案内
・―――――□■■

◆DISC1
【損保代理店だからこそできる生命保険販売 Part.1】
「秘伝ワタナベ式損保更改術」
~生保受注は5分で即決!!~

更改を生保販売の最大のチャンスに変え、
収保1億の金字塔を打ち立てた
「ワタナベ式損保術」を大公開!!

◆DISC2
【生保代理店のかんたん損保増収法】
~「損保の3つの保険」で頭の中を簡単整理!
損保の苦手を払拭しよう!~

【永久保存版!】聞き漏れのない
ヒアリングシート作成方法とは?!

◆DISC3
【損保代理店だからこそできる生命保険販売 Part.2】
「秘伝ワタナベ式損保更改術」
~新規開拓せずに更改で売上3倍
The!機能説明と炸裂!実践トーク~

断られない提案につなげる
「リスクの可視化」と「ヒアリング」!!

◇販売ページはこちらから↓
https://www.shinnihon-ins.co.jp/ltv_crosssell/

————————–

※本DVDは(株)新日本保険新聞社の商材です。
ご購入の際、代金お支払い先や商品の発送元は
弊社ではなく(株)新日本保険新聞社となります。

※本DVDはオンラインセミナー
「損保×生保クロスセル力を高める方法」を
収録したコンテンツとなっております。
(2018年1月23日、2月8日、2月22日収録)

————————–

お客様へのヒアリングで
お客様が気付いていないリスクを共有し、
そのリスクに対してどんな手段をとるのか?

リスクをカバーする手段として保険が
どう機能するのかを伝えることで
お客様をグッと引きつける機能説明
から次のアプローチに繋がります。

そして肝心なのが
「ブリッジトーク」
この言葉をはさむことで

損保の更改から生命保険へ
生保のアプローチから損害保険へ
お客様の意識がチェンジします。

生命保険を強化したい人
損害保険を強化したい人

どちらの方にも明日からの行動と成果に
つなげていただける内容になっていますので、
この機会に是非ご参考にくださいませ。

法改正にも左右されない会社のあり方

平成27年9月に改正された労働者派遣法。

派遣労働者がより働きやすくすることを目的に、
1)すべての労働者派遣事業が許可制に統一
2)派遣期間規制の見直し
3)雇用安定措置の義務化
といった法改正が行われて3年が経ちました。

1)すべての労働者派遣事業が許可制に統一

改正前からの届出による
「(旧)特定労働者派遣事業」を行っている場合は
旧事業を継続できていましたが、
その経過措置も平成30年9月30日で終了します。

2)派遣期間規制の見直し
3)雇用安定措置の義務化

派遣期間規制の見直しでは、
派遣社員が同じ派遣先で働ける
期間は最長3年までとされ、

3年以上働く場合は派遣元企業が
・派遣先への直接雇用の依頼
・新たな派遣先の提供
・派遣元での無期雇用

など、雇用安定措置を実施する必要があります。

また、派遣先企業にも
キャリア形成支援制度の導入が義務付けられ
派遣元・派遣先ともに
法改正の内容は大きく影響してきます。

多くの企業や、
また保険代理店においても
他人事ではない法改正。

法令順守は大前提ですが、
派遣労働者も含め、
従業員に長く働いてもらえる組織づくりは
今後ますます必要不可欠となります。

企業にとって就業規則、福利厚生の見直しは、
成長する組織づくりの
根幹にかかわる重要な位置づけとなります。

社労士・岡弘己氏が解説する
「法人営業戦術007」では、
保険業界出身で、なおかつ社労士目線から
就業規則の見直しや福利厚生について
解説されています。

【法人営業戦術007 生命保険営業のキーワードは“RM”】
https://store.shopping.yahoo.co.jp/insnavi-hit/hit000000005h.html

従業員は会社にとって財産です。

その財産を守る為に
企業のリスクマネジメントとなる
“従業員満足”と“経営のリスクヘッジ”を

社労士ならではの労務管理の視点から、
学んで頂けます。

是非この機会にご覧になってみてください。

新作DVDリリース!損保×生保クロスセル

これまで数多く開催し、
大変ご好評をいただいている
損保×生保クロスセルセミナー。

ついにその内容を凝縮したDVDを
一挙3本リリース致しました!

損保×生保クロスセル力を高めるシリーズ
https://www.shinnihon-ins.co.jp/ltv_crosssell/

クロスセルにおいて大切なのは
お客さまにリスクを正しく伝えること。

★弁護士費用特約はなぜ必要なの?
★対物【無制限】って説明するけど
全ての事故で賠償金が出るの?
★事業所が火災事故に遭ったとき
医療施設の場合なら
患者への賠償金はどう考える?

DVDでは、クロスセルに
必要な事を紐解くとともに

お客さまの心をグッと惹きつける
具体的なトークを大公開!

生命保険を強化したい方
損害保険を強化したい方、
ぜひご参考に頂ける内容となっております。
https://www.shinnihon-ins.co.jp/ltv_crosssell/

↓↓DVD詳細のご案内↓↓
—————————————————
DISC1【損保代理店だからこそできる生命保険販売 Part.1】
「秘伝ワタナベ式損保更改術」
~生保受注は5分で即決!!~

更改を生保販売の最大のチャンスに変え、
収保1億の金字塔を打ち立てた
「ワタナベ式損保術」を大公開!!

————————–
DISC2【生保代理店のかんたん損保増収法】
~「損保の3つの保険」で頭の中を簡単整理!
損保の苦手を払拭しよう!~

【永久保存版!】聞き漏れのない
ヒアリングシート作成方法とは?!!

————————–
DISC3【損保代理店だからこそできる生命保険販売 Part.2】
「秘伝ワタナベ式損保更改術」
~新規開拓せずに更改で売上3倍
The!機能説明と炸裂!実践トーク~

断られない提案につなげる
「リスクの可視化」と「ヒアリング」!!

—————————————————-

※本DVDは(株)新日本保険新聞社の商材です。
ご購入の際、代金お支払い先や商品の発送元は
弊社ではなく(株)新日本保険新聞社となります。

※本DVDはオンラインセミナー
「損保×生保クロスセル力を高める方法」を
収録したコンテンツとなっております。
(2018年1月23日、2月8日、2月22日収録)

いま保険業界は
AI・フィンテックの台頭や
業法改正や顧客本位の可視化(FD宣言)など
まさに変化の只中にあります。

一方で「リスク」について考えると、

損保においては
自動運転技術の発達に伴った
自動車保険ニーズの変化

生保においては
高齢化・長寿化に伴う長生きリスクの高まり

といったように時代の潮流にあわせて
トレンドは変化しつつあります。

保険営業がAIに取って代わられる
という懸念も叫ばれますが、

このようにリスクが多様化するなかでは
コンサルタントとしてのFPの存在感は
ますます増してきそうです。

生保・損保関係なく
お客さまのトータルリスクマネージャーを
目指される一助に
ぜひご参考にくださいませ。

保険業界出身カリスマ社労士が語る法人営業の切り口

「法人開拓のハードルがグッと下がる!
従業員退職金からの法人開拓セミナー」を
福岡と東京にて開催させていただきました。

参加者の方から感想を頂きましたので
一部ご紹介させていただきます。

 

●選択制退職金制度の活用手法や、
社長に刺さるキラーワードを聞けて
新しい法人切り口として面白いと感じた。
(保険代理店 O様)

●予定利率の低下など、厳しい販売環境における
戦略的な販売スキームだと思いました。
(保険会社 W様)

 

ご参加いただいた皆様、
ありがとうございました!

セミナーでは
「倒産予防を主眼に置いたコストの有効活用」
という切り口での法人アプローチ方法を
お伝えさせて頂きました。

今回の講師を務めた
保険業界出身のカリスマ社労士
講師の岡弘己(おか ひろみ)氏いわく、
法人営業に必要なのは“経営者目線”。

セミナーにご参加いただけなかった方も
DVDでそのノウハウを感じて頂けます。

また、来年度には法改正により配偶者控除の
年収要件が変わってきます。

パート従業員の方を抱える代理店様などは、
改めて福利厚生についてなど考える必要が
あるかと存じます。

就業規則のアプローチの仕方など
本編で解説されていますので、
ぜひこの機会に学んで
いただけましたら幸いです。

【法人営業戦術007 生命保険営業のキーワードは“RM”】
https://store.shopping.yahoo.co.jp/insnavi-hit/hit000000005h.html