SNS×金融は新たな追い風となるか?

今週、LINE Financial(株)から
下記2つのサービスがリリースされました。

・「LINEほけん」
損保ジャパン日本興亜(株)と提携
・「LINEスマート投資」
(株)FOLIOと提携

「LINEほけん」は
1日100円・最短60秒の手続きといった
例えば「友人と連絡をとるついでに、
今から向かうイベントに対応した保険にも加入する」
といった手軽さが魅力です。

「LINEスマート投資」については
カテゴリー:「ワクワクする」「最先端テクノロジー」から
興味や知識のあるテーマ:「ドローン」「VR」を選択し
商品を選定していくFOLIO社のスタイルを採用しています。

どちらも少額・短期かつ
未経験者・初心者にも分かりやすいので敷居が低く
手続きや運用が簡単に行えるような
仕様になっています。

Webやアプリで手軽に……というコンセプトの
商品はすでにいくつかありますが、
LINE最大の強みはその利用者数。

LINEアプリのユーザーは現在7600万人、
20・30代の利用率は90%を超えており、

新たにサービスを周知しアクセスしてもらったり
アプリをダウンロードしてもらったりする手間がなく、
「とりあえず」で始めてもらいやすい強みがあります。

同社はこれらの提供により、長期的に
ユーザーのリテラシーを底上げし、
資産形成などへのハードルを下げて
ユーザーの豊かな生活への支援を目指すとのことです。

かつて、各社コンビニがコーヒー提供へ進出した際に、
既存コーヒーチェーンと顧客を奪い合うことなく
むしろ「気軽にコーヒーを飲む習慣を増進させ」
市場を拡大させることを成功して
win‐winの関係を築く事例がありました。

保険・金融業界でも、
・入り口(加入)のハードルは最新サービスで下げる
・FPとしてお客様の人生に寄り添った
プロならではのコンサルティングをする

といったように、フィンテックや他業種と
共存・役割分担をしながら
お客様満足を高めていけたらいいですね。