2週間で1300万人が加入する保険とは?

中国のアリババグループが提供する
会員向け重大疾病保障制度が
10月のリリースからわずか2週間で
加入者が1300万人を突破し、
大躍進を遂げているそうです。

https://media.moneyforward.com/articles/2308

この制度は、アリババグループの会員向けの
ネット完結型の医療保障サービスです。
保険と圧倒的な違いは「掛金が後払い」
という点。

具体的には、
●加入者が給付対象の重大疾病に罹患し
診断が下されると、保険会社が内容を審査。

●事案を加入者に公表して
加入者の方から異議がなければ
保障コスト(保険料に相当)をアリペイで支払い、
罹患した加入者に給付金が支払われる。

という仕組みです。

一人当たりの保障コストは
(給付金額+管理費10%)÷加入者
の計算式で算出されます。

保障コストは年間100~200元で、
日本円に換算すると年払いで1,600円~3,300円程度。

後払い制度であることや、
性別・年齢に関わらず一定金額であること
モラルリスクの排除など様々な懸念はありますが、

「信用スコア」という、アリババグループの
様々なサービスの利用履歴を
AI分析にかけて数値化した基準により
加入可否が決まるため、
ある程度のリスクは軽減できるのだとか。

高額な治療費が必要とされる
中国の医療保険制度を背景に、
★後払い方式の「相互救済制度」
★フィンテックを活用した総合監視システム
を掛け合わせて実現した本サービス。

6億人という圧倒的なアリババユーザーに向けた
サービス展開は、今後も気になるところです。

日本と中国では法律や制度、
風土や国民をとりまく環境が大きく異なりますが、

サービスの支払額の透明性が利用者に大きく訴求し、
ヒットしたフィンテックの事案は参考になるところもあり、
今後の展開も注目していきたいですね。

すすむペーパーレス化と日本の現状

様々な業務分野においてIT化が進み
普及が進んだ昨今、ペーパーレス、
キャッシュレス、コードレスなど
様々な言葉に「レス」がついて回るようになりました。

言葉の意味としては無くす、ということで
キャッシュレスは現金を持たず決済ができる
ことを示し、最近ニュースや新聞を
賑わせています。

ペーパーレスは、新聞や雑誌などの
電子文書化で広く認知されていますが、
企業におけるペーパーレス化は
「e-文書法」や、「電子帳簿保存法」の
改正により、これまで紙で保存が
義務付けられていた文書などを
電子保存することが可能になりました。

一般的に、企業がペーパーレス化をする場合
・印刷代、紙代等の費用の削減、
・必要な情報を素早く検索できる時間の削減
・情報漏洩対策などのリスクの削減

など、様々なメリットがあります。

一方で、
・アナログからデジタルへの移行が
スムーズには行えない
・環境を整えるコストがかかる
・利用にはITスキルに左右される場合がある

などのデメリットもあり、
一概にデジタル化することで
すべての効率化には繋がらないのが
企業が多く抱える問題かと思われます。

ただ、ここ近年は保険会社や金融業界でも
ペーパーレス化が進められており、
契約申込書類のペーパーレス化や
Web証券やWeb約款など周知のところです
保険代理店でも顧客管理やスケジュール管理
にCRMやグループウェアなどを導入されている
ところも増えてきている状況です。

IT利用がますます進む中、
世界で見ると日本はペーパーレス化
が進んでいないと言われています。

どれだけペーパーレス化を進めても、
紙の書類が完全に無くなることはないかと
思いますが、メリット、デメリットを
鑑みつつ、ペーパーレス化により
コスト削減、仕事の効率化が
進むといいですね。

手数料の考え方が変わる今代理店がすべきこととは?【11/21東京_マーケティング成功事例セミナー】

先般ご案内した
「300社の代理店に聞いた、マーケティング成功事例セミナー」
https://ltv-hoken.smktg.jp/public/seminar/view/4

今回のセミナーでは、
★保険代理店ならではの強み・・・大手資本・AIにはないもの
★強みをいかしたマーケティング成功事例・・・成約率50%キープ
といった内容についてお伝えさせていただきます。

今年の9月に公表された金融庁の行政方針を読み解くと・・・

———————————————
生命保険会社は、乗合代理店における
保険商品の比較推奨に偏りが生じないよう、

◎代理店に支払う手数料(募集手数料及びインセンティブ報酬)に
募集品質やサービスの質を的確に反映すること
◎代理店手数料の開示を行うこと

など、顧客に適切に説明できる
合理的なものとしていくことが重要である。

【参考資料: 金融庁 平成30年9月
変革期における金融サービスの向上に向けて
~金融行政のこれまでの実践と今後の方針~】

———————————————

とあり、手数料の考え方が
【販売の量】から【募集の質】へと大きくシフトしていることが
読み取れます。

つまり、代理店の収益モデル自体の転換が
必要に迫られているからこそ、

「代理店にしかない強みは何か?」
「強みを活かすにはどうしたらいいか?」

を各社見つけ出して実践していくことが重要です。

———————————————————————————-
全国300社の代理店に聞いた、マーケティング成功事例セミナー
~歴史的転換期で生き残る代理店はどこか?~
https://ltv-hoken.smktg.jp/public/seminar/view/4
———————————————————————————-

<開催場所>東京都港区赤坂2-21-8赤坂山田ビル3F
株式会社エルティヴィー セミナールーム
<参加費>無料

<プログラム>
1.最新!業界動向~代理店の置かれた現状~
・大手資本・異業種による代理店買収劇
・フィンテック企業の参入
・手数料ビジネスの転換→持続可能な経営とは?

2.保険代理店ならではの強みとは?
・そもそもマーケティングとは
・大手資本・AI・保険代理店 それぞれの強み/弱み
・強みを活かす方法

3.マーケティング成功事例
・[事例] 成約率50%以上をキープするアフターフォロー
・既顧客マーケティングを仕組み化する方法

https://ltv-hoken.smktg.jp/public/seminar/view/4

———————————————————————————-

人・コスト・時間・・・。
投入できる経営資源に限りがあるからこそ
保険代理店の強みを活かした資源配分が重要です。

セミナーでは
成約率50%以上をキープするアフターフォローなど、
既顧客マーケティングを仕組み化している
代理店事例をご紹介いたします。
https://ltv-hoken.smktg.jp/public/seminar/view/4

ぜひご参加ください。

銀行の大変革に見る日本の現金主義VSキャッシュレス化の行方

三菱UFJ銀行・三井住友銀行
相互にATM無料化が発表されました。

低金利に伴う収益悪化を背景に
ATMの設置台数を減らす銀行が増えており、

セブン銀行やローソン銀行など
既に全国展開している
コンビニ銀行のATMへ置き換えたり
今回のように他行同士で共通化するなどの
流れは今後も加速しそうです。

セブン銀行は、コンビニの利便性とあいまって
総利用件数は年々増加し2017年には8億件を突破。

この10月からはATMに
電子マネーチャージ機能を追加するなど、

常識にとらわれず既存銀行にはない
コンビニならではの収益モデルの確立で
差別化している様子を見ると、

銀行がATMをコンビニに完全アウトソーシングする
というのも当たり前になるのかもしれません。

このように、既存銀行のあり方が変わりつつあるなか
同時に気になってくるのが【現金主義の今後】です。

ネットバンキングやキャッシュレス決済の促進で
近い将来、スマホがあれば現金も財布も不要になる?
なんて言われることもありますが、
実は日本のキャッシュレス比率はわずか20%。

世界のキャッシュレス比率
https://www.ebisumart.com/blog/cashless/

中国の60%・アメリカの46%と比べると相当低く
これには、人手不足や治安の良さ(現金への信頼が高い)のほか、
「電子決済サービスの複雑化」も一因のようです。

・種類が多い
(クレジット・デビット・プリペイド・QR)
・決済手数料や導入コスト or 年会費
・地域差、普及率

など導入する店舗側も使用する消費者側も
比較検討する事項が多く、
複雑化してしまっているのが現状で

どのキャッシュレスサービスが自分に適しているか?
を見つけだすよりも、どこでも確実に使える
現金の方が楽に感じる消費者は少なくないと言われています。

そうした中で頭一つ抜き出ている?
と言われるのがSuicaやPASMOなどの交通系電子マネーです。

・明確な用途
(電車に乗るための電子マネー)
・圧倒的利便性
(タッチして通り過ぎるだけの決済
路線をあまり気にせず利用が可能)

という分かりやすさから普及が進み
発行枚数は合計1億枚を突破していて
キャッシュレス化に成功している一例なんだとか。

無人決済店舗や自動家計簿アプリなど、
キャッシュレスサービスが充実しているからこそ
【明確な用途】【圧倒的利便性】
といったメリットの周知がどれだけ進むかによって

日本の現金主義のあり方や
キャッシュレスサービス展開の行方は大きく変わりそうですね。

「成約率50%以上をキープする秘訣」など300社の代理店に聞いた、マーケティング成功事例セミナー【11/21東京】

金融庁は今年9月、
「変革期における金融サービスの向上にむけて」
と題した方針を公表しました。

●デジタライゼーション(AI・フィンテック)への対応
●保険商品(特に貯蓄性保険のリスク)の「見える化」
●持続可能なビジネスモデルの構築

といったことが明記され、
保険代理店の経営環境は
目まぐるしく変化しています。

この歴史的転換期の真っ只中
【代理店はどうすれば生き残れるのか?】
を突きつけられている状況と言えます。

そこでこの度、全国の代理店様からうかがった
事例をお伝えするセミナーを開催いたします!

【11/21東京】300社の代理店に聞いた、マーケティング成功事例セミナー
https://ltv-hoken.smktg.jp/public/seminar/view/4
※10名限定:乗合保険代理店経営者の方向け

———————————————————————————-
全国300社の代理店に聞いた、マーケティング成功事例セミナー
~歴史的転換期で生き残る代理店はどこか?~
———————————————————————————-

<開催場所>東京都港区赤坂2-21-8赤坂山田ビル3F
株式会社エルティヴィー セミナールーム
<参加費>無料

<プログラム>
1.最新!業界動向~代理店の置かれた現状~
・大手資本・異業種による代理店買収劇
・フィンテック企業の参入
・手数料ビジネスの転換→持続可能な経営とは?

2.保険代理店ならではの強みとは?
・そもそもマーケティングとは
・大手資本・AI・保険代理店 それぞれの強み/弱み
・強みを活かす方法

3.マーケティング成功事例
・[事例] 成約率50%以上をキープするアフターフォロー
・既顧客マーケティングを仕組み化する方法

【無料お申込みはこちら】
https://ltv-hoken.smktg.jp/public/seminar/view/4
※乗合保険代理店経営者の方限定となります。

———————————————————————————-

人・コスト・時間・・・。
投入できる経営資源に限りがあるからこそ
保険代理店の強みを活かした資源配分が重要です。

セミナーでは
成約率50%以上をキープするアフターフォローなど、
既顧客マーケティングを仕組み化している
代理店事例をご紹介いたします。

【無料お申込みはこちら】
https://ltv-hoken.smktg.jp/public/seminar/view/4
※乗合保険代理店経営者の方限定となります。

ぜひご参加ください。