「健康促進型保険」とは? 新たな付加価値の提供

Pocket

インシュアテックの発展と
増加するニーズへの対応として、
健康促進型の保険が増えてきています。

定期的なウォーキングにより
還付金がもらえる「あるく保険」
(2017年、東京海上日動あんしん生命保険)や

健康診断書を提出し、基準値内であれば
保険料が割引される特約のある「ジャスト」保険
(2018年、第一生命)

そして直近では、
1997年に南アフリカのディスカバリー社が
開発した健康増進型保険Vitalityが
住友生命から7月に発売されました。

これは、健康状態を共有するだけではなく
IoTのウェアラブル端末などを用いて
日々の健康への取り組み状況などから
総合的にステータスを判定、
そのステータスに応じた
割引や特典を受けられるというしくみです。

利用者は結果的に、
健康的な生活を送ることを心掛けるようになり
家計も縮小できるということになります。

日本は世界でも有数の長寿国家ですが、
健康寿命と平均寿命には10年前後の隔たりがあり、
社会保障費も年々増加の一途をたどっています。

もしもの事態に備えるだけではなく
「もしも」を減らす取り組みともいえますね。

更に、利用者が健康になることは
保険会社の収益性の向上にも
繋がりますので、
様々なメリットから、
今後も健康促進型保険は
増加していくと予想されます。

保険提案における、
有力な選択肢の一つになりそうですね。