増える生前贈与のニーズに応えるには

Pocket

生前贈与の動きが
これまで以上に加速しそうです。

現在、2013年4月に始まった
教育資金の一括贈与の非課税特例の
恒久化が検討されています。

この特例は
年間110万円までの贈与が
非課税になる暦年贈与とは別に、

30歳未満の子どもや孫への教育資金に
限定した贈与であれば1500万円までが
非課税になるというものです。

2018年3月末までの時限措置でしたが
子育て世代の経済的負担を減らせて
かつ節税にもつながると注目を集め、

今年3月までで信託口座の契約数が
19万件を突破するほどの人気ぶりから
制度の恒久化が検討されているのです。

このような制度設計が進むほか、
生前贈与は
「認知症になった親の資産凍結を
防ぐために生前贈与したい」
といった観点からもニーズが高まっています。

高齢の認知症患者の場合
「医療費を引き出したいけれど
本人の意思確認ができないから
家族でもお金を引き出せない・・・」
となってしまい困るケースが増えているのだとか。

高齢の認知症患者の資産額は
2030年度には全体の1割にあたる
215兆円に上ると推計され、
生前贈与や相続ニーズは今後いっそう高まりそうです。

認知症のように
いざと言うときになってからでは
対策できないこともあるので、

★あらかじめリスクを可視化しておくこと
★そのリスクに対して、自分にも家族にも
ベストなリスクヘッジをすること

といったことがFPとしては
ますます求められる役割になります。

下記で紹介するDVDでは
・生前贈与・相続ニーズをキャッチする仕組みづくり
・お客様に寄り添った課題解決のポイント→信頼から紹介が生まれる

などについてお伝えさせていただいております。

DVD「ジョージ流美しい相続」
https://store.shopping.yahoo.co.jp/insnavi-hit/hit000000025h.html

FPとして増える相続ニーズへお答えする
一助にいただける内容ですので
ぜひご参考にくださいませ。