オンライン診療の先に見える保険ビジネス

Pocket

スマホやタブレットなど
モバイル端末のビデオ通話で
医師の診察を受けられるオンライン診療。

今年の4月から、一部の診療に
公的医療保険が適用されるようになりました。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO33562780Q8A730C1000000

○ネットで診察時間が予約できて待ち時間いらず
○待合室で他の病気に感染するリスクがない
○遠方の専門病院の診察も在宅で受けられる

といったメリットがあり
高齢化・生活習慣病患者の増加などの
現状を踏まえると
相当なニーズが見込まれます。

ただ、保険の適用対象となったのは
高血圧やぜんそくなど一部のみ。

・同じ医師が半年以上診察していること
・3カ月に1回は対面診療を行うこと
・緊急時に30分以内で対面診療できる体制にしておくこと

これらの厳しい適用条件に
医療の現場からは不満の声も大きいとか。

すぐにあらゆるオンライン診療が
保険適用で受けられるわけではないですが、

「スマホで診察」が一般化すれば
通院の手間が減ることで定期的に診察を受ける人が増えて

予防医療や健康増進にもつながったり
様々な効果が期待されています。

また、既に企業レベルで
オンライン診療を導入し始めている事例も。

サントリーHDは、介護離職を減らすため
社員の親がオンライン診療を受けられる
仕組みをつくって親の健康管理を
しやすいようにしているそうです。

保険ビジネスにおいても、例えば・・・
定期的にオンライン診療を
受けることで保険料が安くなるなど
健康増進の仕組みとの親和性も高そうです。

保険の適用となるかどうかは別にしても
医療の便利さ・手軽さと
健康管理が同時に進んでいけばよいですね。