お客様からの信頼関係により次に繋がるアプローチ

Pocket

10月に入り、やっと秋らしい気候になりました。

この夏は、記録的な豪雨、強烈な台風
そして強い揺れに次々と襲われて
多くの方が被災され
甚大な被害となりました。

被災されたお客様から
ご連絡をいただき、事故お手続きの対応をされた方も
多いかと存じますが、

地震や豪雨等自然災害が
発生した際、ご自身のお客様に能動的に
ご連絡はされていますでしょうか。

災害発生時、代理店にできることは
いち早く安否確認や被害確認を行って
被災されたお客様に
「一日も早く保険金をお支払いする」
ために尽力することです。

長い期間、地震保険や火災保険に
加入はされていても
契約内容が思い出せない・・・
というお客様がいらっしゃる場合もあります。

保険は「いざ」という時のために加入するからこそ
★「いざ」という時のスピーディな初動対応
★日頃からのコミュニケーション

によってお客様との信頼関係を保っておくことが
とても重要になります。

さらに、保険のプロとして、お客様に
保険の必要性をご理解いただくための
話し方や伝え方はとても重要です。

弊社の渡邊が講師を務める
「損保×生保クロスセルセミナー」
をDVD化したシリーズでは、
お客さまの心をグッと惹きつけ、
介在するリスクを正しく理解していただく
実践トークについてご案内しております。

◇損保×生保クロスセル力を高めるシリーズ◇
https://www.shinnihon-ins.co.jp/ltv_crosssell/

予期せぬリスクを
事前にどれだけ可視化できるか
万一、災害が発生した場合の損害を
どうカバーするか・・・
そのリスクヘッジの手段として、
保険がどう機能するのか

お客様にしっかりと理解いただけるよう
保険商品の機能説明をすることで、
リスクマネージャーとして頼りにされ
次のアプローチにも繋がります。

これこそコミュニケーションの中から
見込のお客様に繋がるチャンスです。

今日からでも営業で実践に活かせて成果に
つなげていただける内容になっていますので、
是非ご参考にいただけましたら幸いです。